ブルーベリー、コラーゲン、ヒアルロン酸のウソ

世間的な常識からすると、次のようになると思います。

・ブルーベリー → 目に良い

・コラーゲン → お肌に良い

・ヒアルロン酸 → 老化を防ぐ

こういう健康食品のテレビCMを見ない日はないですね。

でも医学的な見地からはまったく根拠がないようです。

まず、ブルーベリーのアントシアニンという物質が眼精疲労に効くということですが、これは実証されているものではありません。

次に、コラーゲンがお肌に良いということですが、経口摂取、つまり口から食べてもコラーゲンのままお肌に行き届くわけではありません。

分解されてアミノ酸などになって通常の食品などと同じように体内に吸収されるだけです。

最後にヒアルロン酸ですが、お肌に直接注射する場合は一定の効果がありますが、こちらも経口摂取する場合はまったく無意味です。

ヒアルロン酸は高級なイメージもありますが、人工的に作れるものでコストも高くはありません。

この3つの成分について見るだけでも、健康食品業界がいかに怪しい商売をしているかがわかると思います。

あまり過剰な表現が用いられるようになると、いずれ一斉に規制の対象になるかもしれませんね。


※画像は本文とはあまり関係がありません(あくまでもイメージです)。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP